アウト・ドライバー|車とアウトドア

クルマとフライフィッシングを中心としたアウトドアがメインのブログ

クルマ

メルセデスベンツ190Eが名車たる所以とは…?

2016/08/04

発売から25年以上経っても色褪せない、メルセデスベンツ 190E

ベンツ190E

何の変哲もない、4ドアセダン。ただ、発売したメーカーが、ダイムラーベンツ社。

この車が発売されるまで、3ナンバーサイズの車がほとんどだった、自動車メーカーが、初めて5ナンバー枠の車を開発しました。

これまで、作ってきた車を凝縮したような、メーカーが各所にこだわって開発した車です。

当時、小型車の3シリーズで大成功をおさめていた、BMWに対抗するように開発されました。

ボディーバリエーションは、4ドアセダンのみで、2000ccから2600ccのガソリンエンジンと、2500ccのディーゼルエンジンがラインナップされていました。

スポーティで軽快なイメージの、BMWに対して、重厚で鈍いイメージの190Eは、都心の奥様の足として、定着していった様に感じます。

子ベンツとも呼ばれましたが、車としてのクオリティーは、今考えても、すごい物があります。

開発に、17年間もかけたサスペンションは、あまり、雑誌などで取り上げたり評価されませんでしたが、実は、4WSの機能を持った、マルチリンクサスペンションだったのです。

ちょっと、オーバースピード気味でコーナーに入っても、車体の姿勢は大きく崩れても、イメージしたラインで曲がって行きます。車体の姿勢が崩れることでドライバーに、これ以上スピードを出すと危険だよと、体感させてくれるが、実は、こででも十分コントロール下に車はあります。

もうダメかもと思っても、タイヤの音も鳴らさずに、曲がってしまいます。随所に、車と人との対話が感じられます。

このような、しっかりした思想で、時間をかけて造り込まれた車は、四半世紀経った今でも、自動車メーカーの開発目標の基準となっている素晴らしい車です。

-クルマ